快眠のタイミング

快眠を得るためには睡眠のタイミングやサイクルを知ることは大切です。睡眠には2つの睡眠があります。ノンレム睡眠とレム睡眠です。人間が寝ている間にこの2つの睡眠が繰り返されています。ノンレム睡眠状態とは深い眠りであり脳が沈静化しています。逆にレム睡眠状態のときは脳が活性化し浅い眠りになります。

 

この2つの睡眠状態は90分サイクルで繰り返されています。ノンレム睡眠の直後に5~10分程度のレム睡眠状態が来て、その後またノンレム睡眠状態に移行します。快適に朝、目を覚ますタイミングはレム睡眠状態の時が最適です。脳がすでに起きているので目覚めやすいです。ノンレム睡眠とレム睡眠のサイクル数が4~5回が理想の睡眠だと言われています。

 

成長ホルモンを分泌させよう!

 

1番熟睡しているのが1、2回目のノンレム睡眠状態です。この深い眠りのときにアンチエイジングなどに効果のある成長ホルモンの分泌が促されます。成長ホルモンは傷ついた細胞を修復し、老化しにくくなったり、肥満の防止などに効果が期待されます。

 

快適な睡眠を得るために、睡眠のメカニズムや睡眠サイクルを知ったりすると役立ちます。起きる時間もベストなタイミングがあることが分かって頂けたと思います。ノンレム睡眠とレム睡眠で目覚め方に差がでるため、90分の倍数で睡眠時間を考えるといいでしょう。寝つき、寝ている時の睡眠の深さ浅さ、そして目覚めの良さ、すべてが最高になるようにして快適な睡眠を目指しましょう。