快眠を得る為の照明選び

今回は快眠と照明について紹介したいと思います。人間の睡眠は太陽の光や照明の明るさなど、光によって大きく影響をうけます。人間は太陽の光で体内リズムを調節しているので光をうまくコントロールすることにより、睡眠を上手くとることができます。

 

光をうまく活用するためには?

 

一般的な家庭で使用されている蛍光灯は太陽の光と似ているため、室内でも体が日光を浴びていると脳が錯覚してしまいます。脳が錯覚しているため、メラトニンが分泌せず人間は眠りにつく準備はできていません。しかし、高級なホテルなどで使用している暖かくやさしい光の白熱灯は太陽の光と違う波長の光がくるため、脳の錯覚を起こさずメラトニンの分泌が正常に行われます。

 

白熱灯を使った間接照明は、人の心に安らぎをあたえ落ち着いた感じをあたえます。白熱灯の下で寝る前の時間を過ごすことは、リラックスした寝つきを誘導しやすくなります。照明の種類でも睡眠に大きく影響します。まずは快適な睡眠を得るために、照明は暖かい色の照明を選びましょう。

 

照明の高さも大切

 

さらに照明の位置でも睡眠が影響を受けます。照明の位置が高いか低いかにより心理的安定が違ってきます。具体的に言うと、足元など低い位置にある明かりの方が天井など高い位置にある明かりよりも安心感が持て落ち着きます。リラックスして眠りにつくために、ベットの足元や枕元など低い位置に白熱灯の間接照明を置きましょう。

 

寝つきを良くするためには、寝る前に強い光や点滅する光を見ることは避けてください。体内時計がずれてしまう恐れがあります。なかなか寝付けない、快眠が得られていないと思ったら、寝る前に過ごすリビングや寝室の照明を変えてみましょう。