睡眠と朝食について

快適な睡眠、快眠するために朝食が欠かせません。近年、朝食の重要性が様々なところで話題になっています。朝食を取ることにより脳を目覚めさせ、活性化させ勉強や仕事の効率を上げる効果が期待できます。

 

朝食の内容も見直されてきました。昨今、日本の朝食はパン食に示されているように西洋のスタイルになってきました。しかし、朝食はバランスに優れた和食が最適です。魚、野菜、発酵食をバランスよく含む、旅館の朝ごはんのような朝食がベストです。

 

バランスの良い朝食で寝ぼけた脳を覚醒させ、良質なエネルギーをあたえましょう。規則正しい朝の時間が、その一日の内容を左右します。

 

朝食と睡眠の良い関係

 

朝食と睡眠の効果ですが、朝食を食べることにより、体温が上がり体を目覚めさせてくれます。睡眠は体温と密接な関係があるため、体温の高い低いリズムがとても重要です。夜寝る前は体温が低下し眠気を催し睡眠に入ります。そして朝ごはんを決まった生活リズムで取るようにすると、快適な睡眠に近づきます。

 

身体が最適なリズムを覚えるため、スムーズな寝つき、スムーズな目覚めをしやすいです。朝食を含む食事は生活のリズムを整える効果があります。朝、昼、夜と同じようなタイミング、リズムで食事をとるといいでしょう。朝は忙しくて朝食を食べない、夜は深夜に消化の悪い食事を食べるなどは避けるべきです。

 

睡眠の質はすべてリズムです。深い睡眠、浅い睡眠のリズムが最適なら快眠になります。さらに朝食を含む食事もリズムです。規則正しい時間に食事をとり生活リズムを整えましょう。