快眠と睡眠不足について

快適な睡眠、快眠と取りたいと思う方も多いと思いますが、慢性的な睡眠不足を解消したい方も多いと思います。睡眠に障害があり、しっかりとした睡眠が確保できず睡眠不足に陥る場合。忙し過ぎて寝る時間が少なく睡眠不足に陥る場合など人それぞれです。

 

睡眠不足の弊害について

 

まずは心理状態への影響です。睡眠不足が続くと人は物事を悪くとらえるマイナス思考に陥ると言われています。そして自殺をする方は睡眠に問題を抱えていることが多いです。睡眠不足により間違ったネガティブな思考や判断をしてしますようです。

 

さらに睡眠不足が進むと、物事を認知する能力が低下してくるので注意が必要です。ぼーとして事故を起こさないようにしましょう。睡眠不足は記憶へも影響を及ぼします。記憶障害など記憶力が低下してしまいます。

 

睡眠不足による体への影響について

 

血圧と肥満

人の体は寝ている最中に心拍数が低下し、血圧も下がります。しかし睡眠の時間が少ない睡眠不足状態では、心拍数が低下している時間が短いため血圧が高い状態が続きます。よって血管への負担が増えるため病気になりやすいです。

 

肥満

睡眠不足状態が続くと食欲に障害をきたします。満腹中枢などの食欲を制御する器官が正常に働かず、食欲が増え肥満になる危険性があります。肥満になると高血圧症にもなりやすく、悪循環が始まります。

 

睡眠不足は万病のもとです。まずは睡眠時間をしっかりと確保しましょう。無理をしているとどこかでそのつけを払わなければなりません。病気予防のためにもしっかりと快眠しましょう。