快眠といびきの関係について

いびきにより快眠できないという方が多いと思います。いびきをしている本人ではなく、いびきをしている人のそばで寝ている人が、いびきの音により快眠できない熟睡できないということです。他人のいびきで寝られない時は、本当にイライラします。そしてそのイライラでさらに寝られなくなるという悪循環です。

 

いびきは、いびきをしている本人にも影響を与えています。いびきが大きいということは何らかのサインです。いびきの大きい人は一度専門医に診てもらいましょう。

 

いびきが出る原因は?

 

気道の異常

 

いびきが出る原因は気道に異常があるからです。肥満体質により気道が脂肪で圧迫されいびきがでる場合です。肥満体型にいびきが出るのはそのためです。いびきの問題を解決するには、気道の脂肪を取り除くことです。ダイエットをして気道にある余分な脂肪分を減らしていきましょう。余分な脂肪がなくなり、正常な気道を確保できれば寝ている時のいびきが軽くなります。

 

飲酒による気道の圧迫

 

次にいびきの原因となるのが、飲酒による気道の圧迫です。お酒を飲んで寝付くといびきが大きくなることがあります。これはアルコールにより気道が圧迫し狭くなるためです。さらにお酒は睡眠を浅くする悪影響があります。アルコールの利尿作用により、夜中睡眠の途中で寝覚めるからです。よって、寝る前の飲酒はやめた方がいいでしょう。

 

寝る前のアルコールは睡眠の質を悪くする

 

寝る前にお酒を飲むこと、寝酒により快眠できるという考えは間違っています。お酒により、いびきが出る、眠りが浅くなるなるなど悪い影響の方が大きいです。いびきが大きい人は何らかの原因で気道に異常があります。特に肥満体型の方はいびきが大きいです。ダイエットにより気道にある余分な脂肪分を取りましょう。アルコールによるいびきにも気を付けましょう。出来るだけ睡眠前のアルコールは止めておきましょう。