北枕では快眠出来ないのでしょうか

寝るときの頭の向き、枕の向きを気にすることがありますか?北枕、東枕などなど縁起を気にする方が多いようです。縁起と快適な睡眠、快眠にはなにか関係があるのでしょうか?

 

北枕は縁起が悪いので熟睡できないということを考えてみましょう。北を枕にして寝るということは、足は南にあります。地球の磁力線は南から北の方向に流れています。北枕にして睡眠をとることは、日中足に滞留した血液の循環を促し血行を良くすると考えられます。

 

血液にある鉄分が、地球の磁力線の影響を受け、血流が良くなるという考えです。地球の磁力線の向きが多少なりとも血流に影響を与えるかもしれませんが、もっと重要なのは血液そのものです。地球の磁力線によって血行が促されると言っても、血液自体の品質が悪くては仕方がありません。

 

適切な水分を確保し血液の粘度を最適にしてから睡眠をとるのがいいでしょう。このように考えていくと、北枕で寝ることの悪い所が見当たりません。むしろ北枕、足を南にしておく方がいいように感じます。結論づけると枕の向きは気にする必要がなく、快眠出来るか出来ないかは生活リズムや体調に大きく依存することになります。

 

さらに寝る前の心理的状態にも影響を受けます。もし、言い伝えで北枕は熟睡できるとなっていたならばどうでしょうか?大半の人が北を枕に睡眠をとると思います。縁起や言い伝えは知らないうちに、人間の心理状態を左右するものです。

 

快眠するコツは、細かなことを気にせず快眠するために必要な規則正しい生活を心掛けるようにしましょう。