快眠を得る為の寝室作り

快適な睡眠、快眠を得るためには寝室の環境はとても重要です。寝室の環境で大切なことは三つあります。音、明かり、室温です。この三つを改善し快眠を得ましょう。

 

音について

 

大きな音があると人は寝付けない、深い眠りにつけない、すぐに目覚めてしまうなど、熟睡できません。最適な場所は静かな寝室です。しかし、部屋の外からくる車などの生活音がうるさいと眠りの妨げになります。寝室の窓を二重にしたり、防音カーテンなどを使用することにより、睡眠の妨げになる音をできるだけ小さくしてください。

 

明かりについて

 

人間の脳は寝る前の明かりの強弱に影響を受けます。明かりが強すぎると脳が覚醒しなかなか寝付けません。一般家庭では、食事をとったりテレビを見る生活する場では蛍光灯を使用しています。

 

蛍光灯の光は日光に似ているため、脳を覚醒させます。ですので寝る前の数時間前からは、蛍光灯でなく白熱灯の間接照明のあかりで過ごすことをお勧めします。

 

白熱灯の明かりは温かみのある明かりで、人間にリラックス感を与えてくれます。このリラックス感がスムーズな睡眠には最適なのです。さらに寝室の明かりも重要です。寝るときに寝室は真っ暗がいいです。しかし、真っ暗で不安があるという方は小さな明かりを灯し、心が落ち着いた状態で寝るのがいいでしょう。

 

寝室の室温について

 

寝室の室温は、夏25度程度、冬13度程度が熟睡できる温度です。この温度を維持しておくと、布団の中は人が寝るのに適温となります。一般家庭にあるエアコンを睡眠時間中ずっとつけておくのではなく寝る前、寝てから1時間程度、起きる30分前とこまめに利用しましょう。エアコンは空気が乾燥しやすいため、体調を崩す恐れがあります。上手く利用して快適な室温を保ちましょう。