快眠を得る為の習慣

快適な睡眠、快眠をとるとても簡単な習慣についてご紹介します。とても簡単な方法で快眠できます。快眠を得るキーワードは読書、ストレッチ、お風呂の三つです。

 

読書の習慣

 

寝ようとして布団に入ったのになかなか寝付けない時があります。寝付けない時は読書をしましょう。ホラー小説など感情を大きく揺さぶり脳が覚醒してしまう書籍は避け、リラックスできる旅行記やコラムなどを読むようにしましょう。

 

本を読んでいるうちに眠気が来ますので、スムーズに睡眠に入れると思います。

 

お風呂の習慣

 

寝る前のお風呂はスムーズな睡眠に最適です。お風呂のお湯の温度には気を付けましょう。熱すぎると脳が覚醒し体が起きてしまいます。お湯の温度は少しぬるめの40度前後がいいでしょう。ゆっくりとお風呂に入り、体の芯まで温めてください。そして心もリラックスしてください。温かい体が少しずつ冷えてきて体温が下がるタイミングに一番眠気が訪れるので、このタイミングで睡眠に入りましょう。

 

寝る前のストレッチの習慣

 

寝る前に激しい運動をすると脳が覚醒するのでやめておきましょう。ストレッチのような軽い運動は筋肉の緊張や凝りをほぐし、体に適度な疲労感と、心にリラックス感をもたらします。ストレッチからスムーズな睡眠が期待できます。

 

布団の上でも簡単にできるストレッチがありますので取り入れてください。布団の上で、手足をぶらぶらするだけでも筋肉の緊張を解す効果があります。

 

今回ご紹介したように、快適な睡眠をとるには、読書、ストレッチ、お風呂を習慣化していきましょう。スムーズな寝つきで朝の目覚めが快適になります。