快眠を得る為の食事と飲み物

快適な睡眠、快眠を得るためには食事をとる内容や時間が大切です。寝る前の食事となると夕飯です。夕飯の内容とタイミングには十分気を付けましょう。お勧めはやはり和食です。ステーキ、焼き肉、から揚げなどお肉や油分が多い食事は消化しにくいため量は少なめにしておくのがいいでしょう。

 

食事

炭水化物中心の和食は消化も良く、睡眠の妨げになりにくいです。胃腸が活動している時は脳も活動しているため、寝付きにくい、眠りが浅い状態になります。寝る前には胃腸が休んでいる状態が最適です。

 

ですので、寝る前に3時間から4時間くらい前に夕食を終わらせるのがいいと思います。3時間から4時間あれば、食べ物の消化が終わり胃腸も落ち着いています。スムーズに睡眠がとりやすいです。どうしてもお腹が空いて眠れない時には、チーズやうどんなど消化の良い食事を軽くとりましょう。

 

飲み物

 

食事だけでなく、寝る前の飲み物にも気を付けましょう。まずカフェインが入っている、コーヒー、紅茶、緑茶などの飲み物は控えてください。カフェインによる脳が興奮し覚醒効果で、眠りにくくなります。カフェインの効果は2時間から3時間は持続するので、もしカフェインの入った飲み物を飲むなら寝る3時間以上前にしましょう。

 

さらに、睡眠前のアルコールは控えた方がいいでしょう。寝酒と呼ばれていますが、アルコールには利尿作用があるので夜中にトイレに起きなければならず熟睡の妨げになります。

 

寝る前の飲み物で最適なのが、カフェインの入っていないハーブティーやホットミルクがお勧めです。飲むとリラックスしてきますので、スムーズな睡眠にちょうど良いでしょう。快適な睡眠・快眠を得るには、食事の内容や消化する時間、飲み物にも気を使いましょう。