快眠を得る為のホットミルク

乳製品とくに牛乳の睡眠への効果をご紹介します。寝付けない時にホットミルクを飲むことはスムーズな睡眠いわゆる快眠を導きます。寝付けない時はホットミルクと覚えておいてください。

 

どうしてトリプトファンがいいの?

 

牛乳、ホットミルクを飲むとなぜ快眠に効果があるのでしょうか?牛乳にはトリプトファンという成分が含まれています。このトリプトファンという成分は催眠効果を導き出します。なぜならトリプトファンが脳内でセロトニンという物質を生成し、このセロトニンが脳を落ち着け、催眠効果や精神の安定効果をもたらします。トリプトファンを牛乳から摂取することにより、寝つきを良くして快眠を促します。

 

このトリプトファンは食べ物からしか取り入れることが出来ないので牛乳から摂取することになります。牛乳に入っている成分で快眠を導き出す成分はトリプトファンだけではありません。牛乳にはカルシウムが含まれています。カルシウムは脳を落ち着かせる効果があります。脳が興奮して眠れない時には、牛乳を飲んでカルシウムの力で脳を落ち着かせましょう。

 

寝る前に牛乳を飲む場合は

 

寝る前に牛乳を飲むと言っても、冷蔵庫から取り出した冷たい牛乳は控えた方がいいでしょう。身体や胃腸器官を冷やしてしまうため、逆に眠りにくくなります。寝る前に牛乳を飲むなら、ホットミルクが一番適しています。ホットミルクのような温かい飲み物で身体が温まり、スムーズに寝ることができます。少し手間がかかりますが、牛乳は温めてホットミルクとして飲んで下さい。

 

体質的に牛乳が飲めない人がいます。このような方は牛乳の代わりにチーズでもいいです。チーズは牛乳から作られているため、トリプトファンが含まれています。なかなか眠れないと思ったら、乳製品を軽く食べるようにしましょう。