それ勘違いかも?【快眠のための新常識!】今すぐ実践して快眠体質に

 

毎日の寝ざめはどうですか?すっきりと爽やかな気分で起きられていますか?疲労感が抜けず身体が疲れたまま、どうしても二度寝が止められない、こんな場合は熟睡できていないかもしれません。快眠するためには睡眠時間だけでなく、睡眠の質が大切です。

 

睡眠の質を上げるためには睡眠環境や、食事や運動などの日中の生活習慣が密接に関わっています。ここでは毎日快眠できるための方法をご紹介しています。しっかりとポイントを押さえて快眠体質になりましょう!

 

何故睡眠が必要なのでしょうか

 

人は眠いから寝ますが、ではなぜ睡眠が必要なのでしょうか?快適な睡眠、快眠を目指すうえで睡眠の必要性をしっかりと把握しておかなければなりません。睡眠の必要性を理解することにより、睡眠に対する正しい取り組みができます。

 

人間は生きている時間の3割程度を睡眠という作業に費やしています。長い人生で考えると相当の時間です。1日7時間寝て、1年で2,555時間です。人は夜になると眠気が来て、布団に入り眠りにつきます。なぜ眠りにつくのでしょうか?

 

脳はずっと働き続けている

 

人間の脳は起きている間、日中ずっと働き続けています。何気ない作業でも脳を使っています。さらに仕事になると脳は酷使されています。脳は人間の体で一番エネルギーを消費する器官で、人間の器官で最も働いています。酷使する状態が続くと脳の効率が低下し、集中力が途切れ、ストレスがたまってきます。脳を酷使から解放するのが睡眠です。脳を日々の緊張感から解き放ち、活性を取り戻すべく睡眠をとります。睡眠によりリフレッシュした脳が新たな活動を始めます。

 

心身の機能を回復させる

 

さらに睡眠は脳を回復させるだけでなく、身体の機能を回復させます。日中、人は筋肉を使い生活をしています。歩く時、座っている時、何も考えていない時でも、地球の重力に対抗するために筋肉を使いその姿勢を維持しています。筋肉を使用すると、副産物として乳酸ができます。睡眠は筋肉の働きを緩和し、発生した乳酸を処理してくれます。

 

さらに、自律神経を適度に休ませて、日々新しい細胞を作る作業を促します。睡眠は眠いから寝るのではなく、脳を休め、身体を休め、新しい細胞生成を促し、成長への糧となる重要な作業です。

 

睡眠は健康な身体を作ります

 

睡眠と健康はかなり密接に関係しています。良い睡眠、快眠をとると人は病気になりにくく健康に日々を過ごせます。逆に睡眠が不十分だったり、質の悪い睡眠を取り続けると、病気や風邪になりやすく不健康な日々を送ることになります。

 

自立神経のバランスが大切

 

睡眠と健康にどのようなメカニズムがあるか説明します。睡眠と健康には自律神経が関係しています。自律神経には日中に人が活動している時に優位になる交感神経と、夜の睡眠中にリラックスしてる状態で優位になる副交感神経があります。自律神経にある二つの神経、交感神経と副交感神経のバランスがとても大切です。このバランスが悪いと不眠になったりします。

 

睡眠と健康の関係を語るために重要なのが、自立神経の一つである副交感神経です。睡眠中は副交感神経が優位になり、免疫を高める細胞を活性化させる効果があります。免疫が高まるため、風邪や病気になりにくくなり日々を健康に過ごせる。このように睡眠は日々を健康に過ごすために、大切な役割をもっています。

 

このいい流れとは逆で、睡眠不足の場合はどうなるでしょうか?睡眠不足であると交感神経が優位な時間が長く副交感神経が十分に優位にならないので、免疫力を持っている細胞を活性化できません。人の体の免疫力が大きく低下し、風邪や病気になりやすいです。睡眠不足は万病のもととなってしまいます。

 

健康な生活を手に入れるために睡眠時間をしっかり確保して、自律神経のバランスを整え体の免疫力を高めていきましょう。

 

良い快眠を取るためには?

 

現代は不眠で悩んでいる人が多くいます。良質な睡眠、快眠をとるにはどうしたらいいでしょうか?まず心掛けたいことは規則正しい生活を送るということです。日中の活動を正しくする、夜の活動を正しくするということです。

 

  • 日中の規則正しい活動とは、朝に起床し、日中は適切な運度をする
  • 夜の活動を正しい活動とは、寝る前にリラックスし寝つきを良くする

 

最も快眠を妨げることは、不規則な生活を送ることです。具体的にいうと、夜は遅く寝て昼まで寝ていることです。私達は体内時計の働きによって体内時計を調節し、規則正しい睡眠リズムで質の高い睡眠を取ろうとします。

 

徹夜や深夜まで起きている、さらに昼まで寝ているということはこの体内時計のリズムを大幅に狂わせます。長時間の昼寝も体内のリズムを狂わす原因になります。

 

快適な睡眠を得るワンポイントアドバイス

 

キーワードは有酸素運動です。規則正しい時間に寝起きしていても、なかなか寝つきが良くないことがあります。これは日中の有酸素運動が不足しているからかもしれません。日中の有酸素運動により、筋肉の代謝を高め血液の循環を良くします。そして、適度な疲労感を得るのが目的です。通勤時に一駅程度歩く、お昼休みに散歩することなどがお勧めです。

 

寝る前のストレッチも効果的です。ストレッチの効果として有酸素運動により、代謝を良くして血液の循環を良くすること。さらに寝る前のリラクゼーション効果も得ることが出来ます。規則正しい時間の生活リズムで早寝早起きを実施しすることと、日中の適度な有酸素運動と寝る前のストレッチで快適な睡眠、快眠を得ましょう。

 

メラトニンの働きについて

 

快眠を取るためには重要なのが体内時計の正常化と、脳の松果体から出されるメラトニンと言われるホルモン分泌の有無です。メラトニンが出ることにより眠くなるメカニズムです。朝目覚めて太陽の光を浴びることによりメラトニンの分泌がとまります。そして朝日を浴びてから14時間ぐらい経過すると体内時計からのメラトニンの分泌指令が出てます。

 

体内時計とは?

 

体内時計とは体のリズムを調節している体内の働きです。体内時計は25時間サイクルで働いています。1日が24時間なので1日1時間ずつずれが生じますが、朝の太陽の光を浴びることによりズレを調整します。太陽の光で体内時計を正常に維持することにより、正常なメラトニンの分泌を促し、快適な睡眠、快眠を得るのに役立ちます。

 

就寝前に体温を下げる

 

メラトニンにはもう1つの重要な役割があります。就寝前に深部体温を下げ睡眠を促進する働きです。眠気と体温には密接な関係があり、体温が下がると眠気を感じます。メラトニンは末梢神経を拡張させて体温を下げます。眠る前に赤ちゃんの手足が温かくなるのは体温を発散しているからです。

 

メラトニンの分泌を正常化させるため、朝の太陽で起きるようにして生活リズムを安定化しましょう。お昼まで寝ていると体内時計は狂ったままで快眠が得られません。

 

参考になったサイト

睡眠サプリ比較サイト

睡眠サプリについての徹底検証をしているサイトです。サプリ以外にも快眠のための情報がしっかりと掲載されています!

更新履歴